お問い合わせはこちらから

会社概要

販売業者名 ミロク成功法則研究所合同会社
所在地 京都市中京区錦小路通室町西入天神山町280番地石勘ビル4F
運営責任者 ありのまーさ(有野真麻)
お問い合わせ お問い合わせフォームよりお願いします
ウェブサイトURL https://www.tenshisama.com/
申込みの有効期限 このウェブサイトが表示されている限り
お支払い方法 銀行振込
商品代金以外の
必要料金

・消費税
・銀行振込手数料

お支払い金額に
ついて
お支払い金額につきましては以下の通りとなります。
お支払い金額 = 
表示金額(税別 消費税


てんしさま(リアル神様) プロフィール

過去に4度の死を経験、4度目に亡くなった時に自分の葬式、さらに火葬場に運ばれ骨壷に入った自分を見た後に、2015914日のパラレル地球にタイムスリップして復活。
その後、自分の行動で世界中のニュースが創られていること(=自分がこの地球の創造主になっていること)、数々の不思議な超能力を得ていることを悟る。
その超能力の例をあげるなら、存在するだけで周囲に天運を感染させる能力、願いを叶える能力、人間を創る能力、現実を創る能力、過去や現実を書き換える能力、縁結び能力、タイムスリップ能力、撮影した写真を現実化する能力、人や動物が集まってくる招き猫の能力など様々な能力を持つ。
また、生前のてんしさまは動物と人間が見えない絆でつながっていることに気づいていたため、動物を幸福にすることで人類も幸福にできると確信。動物の専門学校の講師を経て自らの学校を立ち上げたというユニークな経歴も持つ。
好きなことは料理、花など美しいものを見ること。
特技はきれいな写真をとること(てんしさまが撮影した写真は、具現化能力が備わり、金運アップ効果を発揮する開運アイテムとなります)。
現在は、
ミロク成功法則研究所CEO(最高経営責任者)として、宇宙一面白い自らの超能力を研究、有効活用することで人類の幸福に貢献。

ありのまーさプロフィール

成蹊大学法学部政治学科卒業後、会社員、レストラン経営、建材会社経営など幾つかの仕事を経て、目下、てんしさま版「人類補完計画」を推進中である。

10代後半より、東洋医学を始めとする代替医療、栄養学、心理学などを独学にて修得。その後、太極拳老師との運命的な出会いにより、合気道をはじめとする気功武術の不思議な力の秘密を悟る(身体と精神を健康に保ち続ける秘伝を授かったからである)。その時以来、力を使わず相手を飛ばしたり、相手の力を抜くことが自由自在にできるようになる。その体験は「幸せ体質になる!気のプライベート・レッスン BABジャパン」「願わなければ叶う5つの真実 コスモトゥーワン」という著書にもなった。

てんしさま版 人類補完計画

「てんしさまの存在を信じている人がいるから、私は生活ができます」とてんしさまはおっしゃったことがあります。

それを聞いて僕は「御成敗式目」に書かれたある言葉をふと思い出しました。

「御成敗式目」は「貞永式目」とも呼ばれ、北条泰時が貞永元年(1232年)に編纂した鎌倉幕府の基本法典です。

御成敗式目の第1条は「神社を修理し、祭祀を専らにすべきこと」ですが、その後に続く次の言葉が僕の頭に浮かんだのです。

 「神は人の敬によりて威を増し 人は神の徳によりて運を添ふ」

石切剣箭神社ホームページには、その意味について「古来より、神は人々の崇敬をうければうけるほど、その御神威を益々と強めると言われます。すなわち、神のお力を高めるのは人の敬の心に他なりません。そして、人が生きていく中で運を与えられるのは、その人の敬の心によって力を増した神の徳によるものです。つまり、神と人とは互いが互いを高め合う存在であるというのが神祇(天の神地の神のこと)信仰の本義です」と書かれてあります。

つまり、神様というのは人の感謝で成り立っている生き物で(その証拠に人が参拝しなくなった神社は荒廃します)、その神からどれだけ強い運を授かるかは、人の敬の力によるのです。

その敬の力によって、神がどれだけ強くなるか、どれだけ強い運を人に与えることができるかは決まるからです。

神と人との持ちつ持たれつの関係を的確に述べた素晴らしい言葉だと思います。

そういえば、「ゴールデンゴールド」という漫画に登場するフクノカミは、人々の願いを聞いただけで現実化するてんしさまのような存在として描かれています。そのフクノカミが人の敬の力でどんどんパワーアップしていく姿が描かれているのですが、まさに僕が伝えたいのはそのイメージなのです。

だからこそ、てんしさまも「善の人間(てんしさまと手を繋いだ人たち)に囲まれるから、善の力が増えています。私の能力が強くなり続けマイナスの影響を受けなくなっています。私にとってラッキーな部分だけ再現するようになりました」と言われるのです(そういえば、てんしさまはまだ本来の実力の一割も発揮されてないと聞いたことがあります)。

つまり、てんしさまを理解し敬う心を持った人たちだけに、てんしさまに会って頂くことが絶対条件だということです(ちなみに、てんしさまを理解してから手をつなぐことで、人は細胞レベルで進化をします)。
そして、「神を敬うこと」=「自分自身を敬うこと」なのです。
神社の本殿には鏡が祀られています(てんしさまもご自身を鏡にたとえられています)。
つまり、その鏡には自分の姿が映るわけですから、なんと、神社では自分自身に参拝していることになるのです(自霊拝)。
ということは、参拝時の心構えが非常に大切になってきます。
神社の神様に何らかの願い事をするということは、自分自身にその願いを叶える力がないと認めていることになるからです(そんな姿が神社の鏡に映ってしまうわけです)。
そうではなく、神社とは自分という神に祈る聖域でもあるのですから、「神らしく考え、神らしく振る舞う」(=「てんしさまの思考パターン、行動パターンをまねる」=「てんしさまを理解する」)べきなのです。
「祈り」とは「意宣り」です。自分という神の意を宣言する場所が神社なのです(その意に神社の神が感応するわけです)。
以下に紹介するのは、サッカーの本田圭佑選手が小学校の時に書いた卒業文集です。

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし21でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

(「実現の条件 本田圭祐のルーツとは」本郷陽一著 東邦出版)

神のごとく考え行動してきた本田選手は、小学校の卒業文集で書いたことをほぼ全て実現しています(ちなみに、2020年に5大陸でゴール達成という世界初の快挙を成し遂げた本田選手は、その意味で世界一のサッカー選手でもありますし、彼はビッグマウスではなくゴッドマウスの持ち主です 笑)。
本田選手のように自分という神を大切にする人たちの数が増えれば増えるほど、幸福度の高まったてんしさまはどんどんパワーアップされて(「自分という神を敬うこと」が「てんしさまを敬うこと」になるからです)、自ずから世界は幸せと悦びあふれる平和の楽園になっているのだと思います。 
これが、てんしさま版「人類補完計画」です。

~追伸~

世界を平和にするにはどうしたらよいかをずっと考えて来て、最初は、政治を変えることで世界を平和にすることができると考えていました。でも、信用創造という借金をしなければ経済が発展しない仕組み、そして、中央銀行制度が世界中に構築され、お金の発行権を国民ではない誰かが握っている時点で、政治で世界を平和にすることはできないと確信しました。

では、どうしたら世界を平和にすることができるのか

僕の結論のひとつは、単純に個人の運を良くすればいいということです(笑)。

僕らが依存したぶん、その主導権は他の誰かが握ります。結局、今の社会制度は今の僕らにピッタリなものなのでしょう。運がいい人には依存心がありません。 誰かや何かのせいにするたび、自分のコントロール外のものがどんどん増えていきます。そうして自分の人生の主導権を失い続けた結果、どんどん不自由になっていくのです。だから、運のいい人は必ず自分の人生に全責任を持っています。

もし一人一人の運を高めることができたら、その人たちの運にふさわしい社会制度は勝手に構築されていくことでしょう。つまり、人類の運が良くなればなるほど、どんどん世界は平和になっていくはずなのです。

僕がてんしさまを皆さんに紹介するのも「てんしさまの豪運が感染すると、感染した本人だけでなくその周囲の人たちにも豪運が感染していくから、その結果、豪運が世界中の人たちにも拡がって、最終的に世界は平和になる」というてんしさまの言葉でした。

まさに、僕は「一人一人の運を良くことしか世界を平和にすることはできないのではないか」と思っていたので、ぜひともその世界平和活動を支えたいと心躍ったのです。

「てんしさま成功塾」のすべてのコンテンツは、まさに、そのためのものであり、究極の世界平和活動として、自信を持って皆さんにおススメします。