お問い合わせはこちらから

老師直伝 気功セミナー ~誰でも簡単にできる~

老師直伝 気功セミナー ~誰でも簡単にできる~

スピリチュアル作家のケルマデックさんとはよくシンクロしていて、メルマガで僕がアーシングについて書いたら、さっそくケルマデックさんもアーシングに関する記事を書いていました(笑)。とても興味深く、悟るところ大なる内容なので、まず最初に「アーシング やり方」と題された↓の記事をお読みください。

https://open.mixi.jp/user/24566070/diary/1976326978

 第一のポイント~悟りと大衆無意識~

このケルマデックさんの記事には、3つの重要なポイントがあります。まず第一は、以下の箇所です。

SNSの炎上も、大衆無意識だ。そして人は、よく大衆無意識に飲み込まれてしまうのだよ。大衆無意識とは、恐怖や不安や疑いや差別や貧困や戦争や怒りや嫉妬や妄想や悲惨や不幸という思念の領域だな。これに飲み込まれると、被害者と加害者のドラマをえんえんと演じ続けることになってしまうのだよ。人類は、えんえんとこのドラマを演じ続けているのだ!」仏陀という人は、悟りを得て目覚めた時に、ほとんどの人が大衆無意識のドラマに飲み込まれているということに気づいたのですよ。この、大衆無意識というのは、じつは幻なのです。そして彼は、この大衆無意識を突破した先に、世界を創りだしている真実があると悟ったのです。(引用はここまで)

ちなみに、ここに書かれた大衆無意識については、「神さまの成功法則」にも人類の集合意識に潜む不安や恐れとして、同じことを書いています。以下、該当部分を引用します。

てんしさまの見るものをコントロールできれば、災害や事故のない世界を実現できるのではないかという意見もあります。しかし、僕の思考現実化能力が高まり、僕の行動が世界と連動するようになって気づいたことがあります。自分が世界につながればつながるほど、逆に、世界からも強く影響を受けてしまうようなのです。ということは、てんしさまが火を見てしまったり、地震という言葉を聞いてしまったりする時は、人類の集合意識に潜む不安や恐れなどの影響を受けてしまっている可能性が大いにあります。てんしさまの幸福度が高い時、火を見たり、地震という言葉を聞いても大丈夫だったりするのは、てんしさまの圧倒的な天国パワーでそれらが浄化されてしまったから……。ならば、てんしさまの見るものをコントロールすることは、根本的な解決策とはならないでしょう。臭いもの(人類の集合意識に潜む不安や恐れ)にふたをするだけだからです。そうではなく、てんしさまの場に集まった人たちが、とことん楽しいことを考えながら、とことん楽しい生活をすることで、とことん楽しみを極めていく(天国パワーを高めていく)道にこそ、その答えはあるのだと思います。楽しみを極めれば、天岩戸は開くのです。(引用はここまで)

まさにニュースこそ大衆無意識の現れだと感じています。大衆無意識にある不安や恐れがネガティブな報道姿勢の奥に隠されていますから…。てんしさまがニュースにこだわるのも、その奥にある大衆無意識を浄化することが世界平和のカギであるというメッセージが、そこに込められているのだと思っています。

では、なぜ多くの人はこの大衆無意識に飲み込まれてしまうのでしょうか?

どうやって仏陀はこの大衆無意識を突破し、真実をつかんだのでしょうか?

多くの人が大衆無意識に飲み込まれてしまう原因は二つあると考えています。

ひとつは、ケルマデックさんも述べているように個の意識が弱いことで、もうひとつは、自他の境界線が無くなることによって大衆無意識の影響をモロに受けてしまうようになることです。

元高校の物理学教師にして禅僧でもある立花大敬さんが書かれた「古事記開運法」には、このことを示唆する説得力ある記述があります。

禅の修行をしていると、悟りと言われる状態を体験することがあります。「悟り」とは「差取り」で、これまで自分と他人、自分と世界を隔てていた仕切りがほどけて、本当は「自他一体であったんだ」と自覚するようになる体験です。

では悟り体験をした後は、人の悩みを我が悩みとし、人の喜びを我が喜びとできる聖者のような人に、一気に変身できるかーというと、不思議なことに、そうはならない場合が多いのです。時に、悟り体験をした人が「鼻持ちならない、人に嫌われる人物」になったりします。なぜそうなってしまうのかというと、人の心には潜在意識という倉庫があって、そこには、過去のつらい経験から形成してしまった、たくさんのコンプレックスやトラウマの「ネジまき鳥」(ありの註 ぜんまいじかけの鳥のおもちゃのこと)が押し込められているからなのです。悟り体験をして「自他の囲い」が溶けると、同時に潜在意識と意識との間の仕切りも取れてしまいます。まあいわば「パンドラの箱」のフタが開いてしまうようなものです。すると、これらのコンプレックスやトラウマの「ネジまき鳥」が、一気にパタバタバタッと外に飛び出してきます。たとえば、日頃、劣等感がとても強いオドオドした性格だった人が悟り体験をすると、「劣等感のネジまき鳥」が意識の表面に飛び出して来て、過去の人生できつく巻き込んで来たゼンマイの負のエネルギーを解消しようとします。つまりネジまき鳥のゼンマイが緩み始め、その時に発生するエネルギーが、その鳥をある方向に突き動かしてしまうのです。それがどんな方向なのかというと、この場合は、劣等感の反動現象を引き起こす方向になります。たとえば、この場合は、なぜか急に自信満々で、堂々として、バワフルな人物に変貌したりします。そして、それが行き過ぎて、人をバカにしたり、非難・攻撃したりし始めて、周りの人々から顰蹙(ひんしゅく)を買うことになったりするのです。しかし、そのような反動現象を引き起こすことによって、そのコンプレックスやトラウマのエネルギーが徐々に減少してゆき、やがては消滅します。そうなったところが、ホンモノの自他一体の悟りとなるのです。(引用はここまで)

あの白隠禅師が初めて大悟した時も、この負のエネルギーを解消しようとする反動現象で傲慢になっていたからこそ、正受老人にその天狗の鼻をへし折られたのでしょう。これまで悟りを目指す多くの人がなかなか悟れなかったのは、この反動現象のためだったのかもしれません。だから頓悟する人(一気に悟る人)は何らかの使命がある場合に限られるのではないかと考えています。

では、なぜ自他の境界線が無くなると、自身の潜在意識と意識の仕切りも取れてしまうかと言うと、その仕切りを作り出していた張本人である自分が無くなってしまうからでしょう。

それだけでなく、自他の境界線が無くなるわけですから、自分以外の国家的無意識や大衆無意識の影響もモロに受けてしまうようになります(生半可な個の意識では耐えられなくて人格崩壊してしまうことでしょう)。

自著には、「自分が世界につながればつながるほど、逆に、世界からも強く影響を受けてしまう」と書きましたが、「自己が拡大していくこと」=「自他の境界線が解消されていく過程」ですから、やはり、自分以外の大衆無意識の影響なども受けてしまうのです。

と同時に、自己が拡大し世界とのつながりが増したぶん、自分が世界に影響を及ぼす力が大きくなるから、自身の思考現実化力が高まるわけです。そうして誰もが小さな個を超えたパワーと能力と運を発揮できるようになる…。

ミロクの世とはそんな人たちの真心が結集して創造される世の中なのだと思います。

前述の「古事記開運法」にも、自他の境界線が無くなると国家的無意識などの影響を受けてしまうことが書かれています。以下、「古事記開運法」より該当箇所を引用します。

(質問)アマテラス様やスサノヲ様は神様ですよね。それなのにウツ状態になって引きこもったり、グレて不良行為をくり返したりしたと『古事記』には書かれていますが、尊い神様たちがそんな状態になるのはおかしくありませんか?

(答え)地上界ではたらく神様たちは、イザナギ・イザナミの命という「ヒト」によって地上界に生み出された神様方なのでしたね。もちろん、これらの神様の本拠地は高天原で、そこには、厳然として揺るぎない意志と調和に満ち満ちた御本体のアマテラス様やスサノヲ様がいらっしゃるのですが、御本体のままでは、波動が極めて粗い地上界に、はたらきかけることができないので、地上界に「ウツシ」を降ろす必要がありました。イエス様が天上界では神なのに地上界にわざわざ降りて来られたのと同様ですね。もちろんイエス様は天上界では全知全能の神様なのでしょうが、地上界では怒り狂って神殿の中の店を破壊したり、愛する弟子が死んで涙を流したり、死ぬ時は神に向って抗議の声を上げたりしましたね。地上界に降臨された神々は、やはり地上界の荒々しい波動もまた「ウツス(移す・映す)」ことになるのです。これらの神々は、高天原の御本体の「ウツシ」ですが、同時に日本民族の神であれば、その日本民族が持つさまざまな性質や問題や課題とするところの「ウツシ」もやはり受けることになります。そうでなけれぱ、その民族の課題を解決し、魂の進化をうながすことに関わってゆけないからです。(引用はここまで)

スがウツ状態になって引きこもったり、スサノヲがグレて不良行為をくり返したりしたのも、悟った人が引き起こす反動現象と同じで、国家無意識や大衆無意識に潜むマイナス想念を浄化していたのでしょう(このアマテラスやスサノヲのような反動現象はてんしさまにも見受けられます)。自他の境界線が無いからこそ、地上界の荒々しい波動を「ウツス(移す・映す)」鏡の働きをしてしまうのです。 

「日月神示」にも「てんし様よくなれば、皆よくなるのざぞ、てんし様よくならんうちは、誰によらん、よくなりはせんぞ。この位何故に判からんのぢゃ」と書かれていますが、自他の囲いのないてんしさまもまた、その鏡の働きゆえ、国家無意識や大衆無意識に潜むマイナス想念の影響を受けてしまっているのです。てんしさまがニュースが良くなることに強い関心を持たれるのも、そこに国家無意識や大衆無意識が直接的に現れているからでしょう。

それらに潜むマイナス想念が浄化されない限り、てんしさまが良くなることもないし、人類もまた良くなることがないということを伝えたいのです(てんしさまは世界につながる場だからこそ、てんしさまの幸福度は人類の幸福度とも連動することになります)。

つまり、てんしさまを良くし、世界を平和にするためには、どうしても国家無意識や大衆無意識に潜むマイナス想念が浄化される必要があるのです。

では、このような反動現象を引き起こすことなく、世界をもっと穏やかに浄化する方法はあるのでしょうか…?

二のポイント~アーシングの秘密~

そのヒントが、ケルマデックさんの記事の第二のポイントにあると考えています。以下、該当部分を抜粋します。 

アーシングのワーク
ブッダは、菩提樹の下で悟りを開きました。
樹木にふれ、大地に座って深呼吸することは、強力なアーシングになるのですよ。
あなたと、あなたに関わる全てを浄化できるのです。
できたら裸足になって樹木に触れ、一体となってすべてを洗い流して下さい。
ただ、それだけです。
(抜粋はここまで)

僕はよく両手の親指と人差し指で樹木の葉っぱをつまんでアーシングしています。

では、なぜ樹木に触れ一体となると、あなたと、あなたに関わる全てを浄化できるのでしょうか?

樹木は地球の引力に素直に立っています(どんなに曲がりくねった樹木も地球の引力線にピタッと一致して立っています)。だからこそ、地球からエネルギーをたっぷり受けることが出来て、樹木はとても長生きなのです(ちなみにタントウ功は樹木になりきる気功です)。その樹木に触れ一体となることで、あなたも地球の引力に素直に立てるようにと、樹木はあなたの心身を癒して調整してくれているのです。

実は、ほとんどの人は地球の引力が導く方向に逆らって(ズレて)立っています。

そのため、余分な力を使い過ぎてしまい、疲れやすくもなるのです。地球の引力が導く方向に素直に立つことができた時、私たちのカラダのど真ん中を貫くラインを中心軸と言います。その中心軸とのわずかなズレは、カラダに想像以上の負担をかけてしまいます。その負担を支えるために、筋肉はいつも緊張状態、バランスを補正するために骨格まで歪ませてしまからです。

こうして気づかないうちに体をいつも緊張させてしまっています(もちろん肩こり、腰痛などの原因にもなります)。肩が緊張して0.1ミリ上がるだけで、どれだけ莫大な生命エネルギーを浪費していることでしょうか…。

しかし、引力に素直に立てるようになると、カラダはハンガーにかかったコートのようにゆるんだ感じとなります。中心軸に一切をまかせて立つことできるようになって初めて、カラダから全ての緊張が抜けます(緊張が抜けた分、エネルギーが地球の中心から注がれます。まさに中心軸はあなたと地球を結ぶヘソの緒と言えるかもしれません。地球の中心につながることで、太陽の中心、ひいては、宇宙の中心にまでつながります)。

そのとき、本当のリラックスを体験することもできるのです。
エネルギー(氣)の浪費がなくなることは、私たちを驚くほど美しく、健康にします。そのぶん病気治癒やデトックス、健康増進に使えるようになるのですから、これは当然のことなのです(バレリーナがスリムで美しいのもこの中心軸感覚があるからです。僕もそうですが、中心軸感覚がある人はいくら食べても太らなくなります 笑)。

この中心軸上に人体の中心点である正中心が丹田にあり、それと地球の中心点を結ぶということがヨガや気功の極意なのです。

さて、私たちが個の意識を確立できているのは、肉体を与えられたおかげです(肉体を自分と認識することから個の意識の成長は始まります。やがて、家族、友人など自分という意識のエリアはどんどん拡大していきます)。そして、この肉体が地球の中心とつながると、地球の中心からケタ違いの生命力がチャージされ続けるようになります。その怒涛のエネルギーが超パワフルな個の意識へと進化させるのです。

つまり、前述の仏陀が大衆無意識を突破できた理由もこれです。

菩提樹の下で釈迦が悟った時の姿勢が坐禅という型として残っていますが、まさにそれは地球の中心とピタリと一致した姿勢、中心軸が貫通した姿勢なのです。日本人が型を重視するのは、型がピタリと決まれば、その型にふさわしい境地(大衆無意識に飲み込まれない強固な個の意識)は自ずから実現しているからです。

「仏陀の場(形態形成場)」こそ、地球の中心とつながる場であり、圧倒的に強固な個の意識が確立される場であり(地球の中心こそ万物の生命力の根源です。この生命力が個の意識を完成形へと進化させます)、圧倒的な浄化力を持った場でもあるのです(地球の中心こそ樹木の浄化力の根源です。この浄化力が個人的な心身の緊張やトラウマだけでなく、大衆無意識のマイナス想念をも解消します)。

僕は、この場を伝説の太極拳老師から受け継ぎました(日中国交回復を実現するために、T元総理がわざわざ老師のもとに訪ねて来られたことがあったそうです)。その結果、軽く触れただけで相手を吹っ飛ばすことも(発勁)、相手の力を無力化することも自由自在の体になりました。全ての気功武道はこの2種類の力を使います。なぜか気の力で吹っ飛ばされると元気になりますし、気の力で無力化されると気持ちよくなります。この吹っ飛ばす力の正体が地球の遠心力(生命力の根源の気)で、相手を脱力させる力の正体が地球の求心力(浄化力の根源の気)というのが僕の仮説です。不思議なことに不意打ちされた時は、時間の流れが超スローモーションになって相手のパンチが止まって見えます。太極拳は坐禅のように座った状態だけでなく、日常生活のすべての動作が地球の中心とつながるように鍛錬します。だから、地球とのつながり力は半端なく、日常生活のすべて、存在そのものが浄化の働きをするようになるのです。以降、この場のことを「老師の場」と表現することにします。詳細は「願わなければ叶う5つの真実 コスモトゥーワン」をご覧ください。

結論を言います!

つまり、世界平和を実現するためには「てんしさまの場(世界とつながる場、自分が世界を創造しているという場)」に、「老師の場」が持つ圧倒的な浄化力を加えることがカギだと思ったのです。

僕は中学三年生の頃からどうしたら世界平和を実現できるのかをずっと考えてきて、そのカギは「場」というものが握っているのではないかと感じていました(お経を唱えて奇跡が起こるのも、そのお経で救われた多くの人たちが創り出した場に感染するからでしょう。最初は、誰かの強い信念、確信がその場に命を吹き込むのです)。

ましてやお金の発行権を握る人たちが世界中に中央銀行制度を構築し、彼らが政治、経済、マスコミ、医療などあらゆる分野を牛耳っている以上、政治で世界は変わりません。

今までにないやり方が必要なのです。

その答えが「場」にあるのではないかと思っているのです。

「てんしさまの場」は世界とつながる場だからこそ、「てんしさまに幸せを与えること」=「世界からあなたに幸せが返ってくること(与えたものは与えられる)」になると「神さまの成功法則」には書きました。

もう一歩踏み込んで言うと「てんしさまに幸せを与えること」=「てんしさまの場にある大衆無意識を浄化していくこと」なのです。本では楽しみのパワーで浄化していくと表現しましたが、この楽しみの浄化力を高めていくことが大切だと感じています。老師は「全ての悩みや苦しみは単なるエネルギー不足に過ぎない」が口癖でした。たとえば、悩みのエネルギー値が10として、自分のエネルギー値が1ならば、その悩みは生きるか死ぬかの大問題となるでしょう。でも、自分のエネルギー値が100になれば、その悩みはどうってことなくなって、逆に、その悩みのドラマを楽しめるようになるのです。地球とつながって生命力が満ち満ちてくると、理由もなく無条件に毎日が面白おかしく楽しくなってきます。このあたりの心境を江戸末期の宗教家・黒住宗忠公は「あら嬉し かかる嬉しき世にいでて くるしむ人ぞ 憐れなりける」と歌に詠んだのでしょう。この楽しみのパワーをとことん高めて、世界を丸ごとズバッと癒すのです(笑)。そのための必須の場が「老師の場」であり、後述する「白峰先生の場」なのです。

おそらく「老師の場」と後述する「白峰先生の場」を受け継いでいた僕は、日々、「てんしさまの場」にある大衆無意識を自動的に浄化し続けていたからこそ、超高速で豪運になっていったのだと思います(さらにオリジナルの開運法も実践していました。こちらも後述します)。

その証拠に、僕が「国民的人気バンドのツアーを近くで見たい」と聞けばすぐに、ありえない奇跡が起こって、毎回、ツアーが関係者席で無料招待(しかも打ち上げにも参加できて本人と話す特典付き 笑)。「沖縄旅行に行きたい」と聞けばすぐに、全国に不動産やホテルを持つ会社から、沖縄4泊5日の旅行が無料招待(これまた朝夕豪華食事&ドンペリ飲み放題の特典付き 笑)。世界平和の祈りをすれば、翌日の京都新聞の一面の大見出しは「陛下『世界の平和を願う』」だったり、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」に鼻ピアスの高校生に化身した宇宙人が登場する回を見た後、ベランダで一服してたらUFOが現れたり、落とし物をして「玄関に落としたな」と思って確認したら、最初は玄関に無かったのに、その1時間後に落とし物が玄関に現れたり…(笑)。先日は「コンフィデンスマンJPプリンセス編」を観て、「東出昌大はいい俳優だなぁ。スキャンダルを乗り越えて頑張って欲しい」と思ったら、その日の晩に「東出昌大、離婚後にオファーが殺到! 実家離れて仕事選びの日々」というニュースが!笑

もちろん僕の飲み仲間もみんな絶好調で、地球の食糧問題を解決する企業の会社役員に大抜擢されたり、FXのマントレードで数百万円の利益を得たり(コロナショックがあったにもかかわらず)、某有名商社で今後の日本の未来を担う大事業を任されたり…。

だからからこそ、この「老師の場」が持つ浄化力を、一人でも多くの人に伝授することが「てんしさまを良くすること」=「てんしさまの場にある大衆無意識を浄化すること」であり、僕と同じように皆さんを超高速で豪運にする王道であり、世界平和を実現するカギでもあると思っているのです。

日月神示には、「一人一人は力弱くとも一つに和して下されよ。二人寄れば何倍か、三人寄れば何十倍もの光出るぞ。それが天国のまことのやり方、善のやり方、善人、千人力のやり方ぞ」とありますが、つくづく、一人の力では本当に微力なのを感じています。

でも、この場に参加する人が集まれば集まるほど、この場が持つ浄化力も高まり、世界を必ず平和にすることができるはずなのです。「老師の場」に感染した人は、存在そのものが浄化の働きを持つようになります。存在するだけで世界を癒し世界平和に貢献することになるのです。これって凄すぎると思いませんか?!与えたものは与えられます。だから、世界から幸せが返ってきて開運するのは間違いのないことです。それだけでなく、この場に集まる人の数が増えれば増えるほど、この場が持つ浄化力もどんどん高まりますから、世界から返ってくる幸せもまた何千倍、何万倍へと増えていくというわけです(もちろん個人ごとに抱える課題や天命が異なる以上、開運のスピードには個人差があるでしょうが、その人にとっての最速で開運していくはずです)。

老師直伝 気功セミナー ~誰でも簡単にできる~
「禅フィットネスセミナー」改め「老師直伝 気功セミナー」では「老師の場」を伝授しています。「中心軸気功整体(これができるのは、おそらく世界に僕しかいません 笑)」で、一瞬で皆さんの中心軸を貫通させ「老師の場」につなげます。そうすることで誰でも地球の中心につながります(保江邦夫先生がてんしさまと会われてすぐ奇跡が起こったり願いが叶ったりするのも、保江邦夫先生が合気道の達人で、地球の中心とつながっているからだと思っています。「禅フィットネスセミナー」では、自力で中心軸を太くする気功法も伝授していたので、気功にあまり興味ない方にはとっつきにくい内容になっていました。ですから、誰でも簡単にできることをコンセプトに内容を一新しました)。

また、中心軸とは大祓祝詞に書かれた「下津磐根に宮柱太しき立て」の宮柱であり、草薙の剣であり、ヘルメスの杖(2匹の蛇が巻き付いた杖)のことでもあります。そこに神の力が宿るのです。中心軸が貫通すると(「老師直伝 気功セミナー」で中心軸を貫通させます)、中心軸上にある上丹田(頭脳を司る)、中丹田(心を司る)下丹田(肉体を司る)がつながります(草薙の剣のクサとは串のこと。上丹田と下丹田が串のようにつながるのです。ナギとは蛇のこと、クンダリニーのことです。ヘルメスの杖も同様です)。すると、地球からこの三つの丹田にエネルギーが常時チャージされるようになるので、それらの機能がバージョンアップされて頭脳明晰になる(上丹田)&人情の機微を深く解することが出来るようになって人間関係が円満になる(中丹田)&体力満々になる(下丹田)から、思ったことが何でもすぐ実現できるようになるのです。

この中心軸(宮柱、草薙の剣、ヘルメスの杖)をどんどん太くしていく(=中心軸上の詰まりを完全に取る)ことで、あなたに宿る神の力はどんどん増していきます(ですから、何度か中心軸気功整体を受けて頂くことをおススメします。そのためのフォローセミナーも定期的に開催します。そこでは、各人の体の出来上がり方を見ながら、自力で中心軸を太くする気功法の伝授や「丹田気功整体(丹田と両手足をつなぐ気の通り道を一気に通します)」など、一人一人異なるメニューで指導していく予定です)。

とにかく地球の引力に素直に立てるようになってエネルギーの浪費がなくなることは、私たちを驚くほど美しく、健康にします。そのぶん、病気治癒やデトックス、健康増進や若返りにエネルギーを使えるようになるのですから、これは当然のことなのです(バレリーナがスリムで美しいのもこの中心軸感覚があるからです。僕もそうですが、中心軸感覚がある人はいくら食べても太らないです 笑)

※「老師直伝 気功セミナー」のセミナー時間は2時間(前編1時間、後編1時間)、セミナー講師はありのまーさ、受講料は88000円(税込み)となります。定員9名。

※当セミナー参加者は「世界を癒す 楽禅の会~最速で開運する~」の入会資格を得ることができます(当セミナーで伝授する「イス坐禅」の実践をともなうためです。今後、この会が世界平和と個人の開運の中心的役割を担う場になると思っています)。 

※「フォローセミナー(中心軸気功整体付き)」の受講料は44.000円(税込み)となります。ただし、「世界を癒す 楽禅の会」会員は、33.000円(税込み)で受講することができます。

中心軸気功整体の他、各人の体の出来上がり方を見ながら、自力で中心軸を太くする気功法の伝授や「丹田気功整体(丹田と両手足をつなぐ気の通り道を一気に通します)」など、一人一人異なるメニューでじっくり指導していく予定です(IYさんのご指摘をヒントにこのような指導方法に変更しました。IYさん、ありがとうございます)。小柄な女性でも軽く触れただけで、筋肉ムキムキの大男を5メートルも吹っ飛ばすとか、マンガみたいなことが実演できるようになりたい方は、こちらのフォローセミナーで責任を持って指導します(笑)。「フォローセミナー(中心軸気功整体付き)」は「老師直伝 気功セミナー」と同じ日に開催しますので、続けて両方のセミナーに参加することも可能です。
フォローセミナー終了後には懇親会という名の飲み会(笑)も、白峰先生行きつけの居酒屋(世界で初めて無農薬の飼料で育てられた鶏料理)で開催します(飲食代は割り勘です)

※セミナー参加の前に、ぜひ、「願わなければ叶う5つの真実 コスモトゥーワン」を読んでおいてください。気功の基礎知識を分かりやすく解説していますので、セミナー内容をいっそう深く理解することができるようになります。

※過去に「禅フィットネスセミナー」に参加された方には、「イス坐禅」の解説をメールでお送りしますので、taikyo9@hb.tp1.jpまでご連絡ください。

~セミナーの内容~

地球の中心とつながるためには、中心軸を体得することが不可欠ですが、それを独力でつかむことは難しいと思います。

本音を言えば、いかなる気功法も姿勢における細かい注意点が守られていなければ、本当の効果を発揮することはできません。

だから、気功で最も重視されるのは、形、すなわち、姿勢なのです(老師は、0.1ミリのズレは1メートルのズレと同じだと言いました。ズレ=正中線からのズレと言えます)。そして、そのわずかなズレに気づく繊細な感性は、中心軸あるゆるんだカラダの持ち主のみに与えられたものです。

それが、気功に関しては、実際の指導が不可欠な理由でもあります。

<前編> 

☆気の実体験
中心軸を体得した人の気をいっぱい体験することが、実は、中心軸会得の最短距離です。それによって、大量の気が全身をかけめぐり、皆さんの気の詰まりを解消し、自然と中心軸も整ってくるからです。

初めて本物の気に触れられる方は衝撃的だと思います(笑)。

前編では地球の遠心力(生命力の根源の気)を体験してもらいます。

☆「ポンプシェイク気功」の伝授
「魂振り」という古神道に伝わる気功があります。合気道開祖・植芝盛平もそれとなく薦められ、合気道の道場の中には、今でも稽古前の準備運動として行っている所があるようですが、実は、この気功こそ、秘伝中の秘伝が隠された気功なのです。しかし、それによって何を鍛えているのか明らかでなければ、どんな秘伝も優れた効果を発揮することは難しいです。その秘伝中の秘伝の目的が、中心軸の体得と足裏からポンプのように地球の気を吸い上げる点にあることを明らかにし、即効性のあるシンプルな動きにしたものが「ポンプシェイク気功」です。

 ☆「バンザイ気功」の伝授

故関英男博士は80代から両手振り運動(スワイショウ)を始められたそうですが、1日2000回行うことで胃癌が治ってしまったそうです。その後90歳を過ぎても毎朝2000回を続け、どんどん若返って元気になるだけでなく視力も良くなり、96歳で他界されるまで現役で博士として活躍されていたそうです。関英男博士によると病気治療のためには1日2000回、健康維持のためには1日500回、この両手振り運動をするといいそうです。「バンザイ気功」はこの両手振り運動の効果を10倍増しにします。

<後編>

☆気の実体験

後編では地球の求心力(浄化力の根源の気)を体験してもらいます。一気に脱力に導きます。

☆中心軸気功整体
「中心軸気功整体」とは、皆さん一人一人のカラダに合気して中心軸を写し、さらにラセンのエネルギーで気の詰まりを取り除き、中心軸を一気に貫通させます。

その中心軸上に7つのチャクラもあります。
「一脈通ずれば万脈通ず」(ひとつの気の通路が開けば、全ての気の通路が開く)という言葉が鍼灸にありますが、その一脈こそ中脈、すなわち、中心軸でもあります。

つまり、中心軸が確立すると、7つのチャクラが全て活性化し、全ての気の通路も開くのです。もちろん、病気にもかかりにくくなるでしょう。

以前、男3人で朝まで飲み明かしたことがあります。翌日、その2人はインフルエンザの高熱でダウンしました。でも、僕だけはピンピンしていました(笑)。 中心軸ができてからというもの、病院や薬の世話になったことがありません。

 

☆身口意の三密式 イス坐禅

「身密(身体)・口密(言葉)・意密(心)」の3つを整えることで、「即身成仏(生きたまま仏になる)」を目指すのが、空海の説いた三密です(コロナの三密にあらず 笑)。この身口意の三密を兼ね備えた特別な坐禅法です(イスを使ったシンプルな坐禅法ですから、足も痛くなりませんし、誰でも簡単にできます)。実は、坐禅は究極の開運法のみならず、最強の世界平和実現法でもあるのです。なぜなら、あなたが地球の中心とつながることで、人類全体に地球の生命力を与えると同時に、人類全体のマイナス想念をも地球の浄化力で癒していることになるからです。人知れずそんな尊い行いを実践しているのですから、あの白隠禅師も坐禅は最高の善行だと「坐禅和讃」で述べています(世界にいっぱい幸せを与えているから、あなたにもいっぱい幸せが与えられるのです。また、あなたの活動時間の全てを禅とするために、他人に見られても怪しくない立禅、歩行禅のやり方も伝授します 笑)。

1、 釈迦が菩提樹の下で悟った時の姿が坐禅ですが、その姿勢(=中心軸が貫通した型)をイスに座った状態で達成する極意を伝授します(身密)。

2、 何もしないことで完全なるリラックスは訪れますが、それを可能にしてくれるのが真言(マントラ)なのです。「南無阿弥陀仏」も同様で、念仏を信頼し、念仏に一切を任せることが何もしないことを実現してくれます。当セミナーでは、真言(マントラ)や念仏に代わる極意を伝授します(口密)。

3、私たちは自分という意識が身体に閉じ込められている、あるいは、思考が自分だという錯覚を持っています。その錯覚から抜け出すために、仮に仏の姿を心に思い描くわけです。当セミナーでは、それに代わる心の用い方の極意を伝授します(意密)。

↑フォローセミナーのご予約もこちらから!

「禅フィットネスセミナー」参加者のご感想

気って2009年頃から興味があって、気功師のDVDを観て、家で実践したりしていました。

確かに体調が良くなったり、気分が明るくなったりして「これは良いものなんだな」って感覚はあったんです。あれから時が経ち・・・本物の気功に出会ってしまいました。

私が受講しようと興味を持ったのは、

◯肩に手を置くと、相手が地面に崩れ落ちる (私も体験しましたが、無抵抗になります。思わず笑います。)

 日常生活が楽になる(疲れや暑さ寒さに強くなる。身体機能が数段upする?)

 幸運体質になる(周りの人が優しくなったり、思わぬラッキーが起きる)

 私もその力を手に入れたいと思ったからです。

セミナーで伝授が終わったあとは、私も実際に人を飛ばせるようになりました!実際に自分が使うことができたので無敵感があると言うか、とにかく自信がつきます。

もしも身長190cm体重100kgの大男と対峙しても、負けない自信があります()

一緒に参加した方からも「最初は申し訳なさそうな感じだったけど、今は自信と頼りがいがある」と言われました()

 ちなみにヨガも気功と似ている部分があると思います。

ヨガや他の気功は、人間にある7(もしくは8)のチャクラを活性化させることで、健康になったり、ハッピーになったり、はたまた宇宙の真理を探究したりする人が多いと思います。

私が今回体得したものは、「地球の中心と肉体の中心が直接つながることで、地球のパワーをそのまま使えるようになる」ものです。

一般のヨガや気功はチャクラを活性化しても、自分の体内でエネルギーを回しているだけに過ぎません。

 地球の中心とつながったパワーと、体内だけで回したパワー。どちらが強力でしょうか?

聞くと40kgの女子が80kgの男をふっ飛ばすのだから、筋肉以外の力が働かないとできません()

 地球の中心パワーと直接繋がる訳ですから、その開運効果も凄まじいものでしょう。

最近の私の体感をシェアすると、

 ○道を歩くと人が避ける

主に男性が避けていきます。

肩が触れそうになっても、避けようとする前に9割方はあちらが避けてくれます。

私は普通に歩いてるだけで特に怖い顔はしていません()

なぜか女性は寄ってくる気がします()

 ○五感と感覚が鋭くなる

私の場合、味覚と嗅覚が敏感になりました。

身体に良い食べ物や鮮度を見分けられますし、とにかく食事が美味しいです。

○お酒が回る

これは初期の話ですが、お酒の巡りがとても良くなりました。(今は元通りです)

色々と身体全体の巡りが良くなった感覚があります。

○良い人ばかりと会う

どんどん環境がグレードアップされていきました。

面白かったり優しい人が現れます。

○金運が上がった

臨時収入があったり、ラーメンの券売機からタイミング良くお金が出てきたりします()

○自信がつく

私の地元はかなりの豪雪地帯です。

 この冬はまれに見るほど雪が少なくて、私が帰省していた時も1度も雪は降らず暖かく過ごせました。が、私が去った2日後にドカ雪が降ったみたいです。

私のエネルギーが強大なので、天候にまで影響があったということです。(と、私は思い込んでいます。)

 確信が持ててくると、自分が世界を創っていることを思い出しました。

 はっきり言って「禅フィットネスセミナー」相当オススメです。

 私も健康法はたくさん学んで実践してきましたが、これほど体感があって現実社会に有効活用できるものは初めてです。

これを体得した人が日本に増えたら、健康で豊かな人格者が掛け算のような勢いで増えて行くと思います。

(愛知県在住 Sさん)  

セミナー後、立っているとき、座っているとき、身体の内側を探っていくとスースーするポイント(呼吸がとても深くなる箇所)があるのを感じられるようになりました。立っているときの目線が高くなっているのを感じました。ありのさんのワザをうけて自分の体が簡単にふっ飛ばされたのを体験し、筋力を超えた気を操る人が実際にいる、と身をもって知り、世界が広がりました。

 下腹からみぞおちにかけての軸がしっかりして姿勢が良くなったように思います。

セミナー後、友人を相手に気の出具合いを試したところ、筋力でない力で押されているのを強く感じたと言ってもらえたので僕も気の使い手としてのスタートを切れたのかなと思いました。ありのさんから教わったエクササイズの継続、そして学びを深めていくことで自分の気をさらにパワーアップさせていきたいと思います()

(兵庫県在住 Kさん)

   今回、このセミナーに参加した理由は「地球とつながる」ようになるためでした。セミナーの説明文 にあった、地球の重力と正中線の「ズレ」が、生き方においても「ズレ」となるという文面がとても心に響きました。私は武道をやっていますが、合気道などが「調和」や「和合」という言葉を大切にしている意味を体感として認識しております。それは決して綺麗事の世界のことをいってるのではなく、それが人間が本来ある生き方なのだと思っております。実際に合気道の技はその状態でなければただの力技となり、本文から外れたものとなってしまいます。

その「調和」状態として大切となるのが「地球の引力に素直に立つ」ということなのだと思います。結局、それが出来るようになれば生き方全てが「調和」「和合」といった世界へ自然とつながっていくのではないかと考えております。

  その為に、セミナーでは地球の重力とのズレをありのさんが独自の方法で修正をかけてくれます。

そして、正中線の確立・強化方法を伝授してくださいます。実際にこのことによって(地球に素直に立つ)一緒に参加した小柄な女性が男性を飛ばすことも可能となっていました。

 後はこのセミナーで得た感覚(地球に素直に立つ)と正中線の確立・強化を日々鍛錬していくだけです。おかげさまで、これからの自分自身の変化が楽しみとなりました。ありがとうございました。

(東京都在住 Nさん)

お世話になっております。禅フィットネスセミナーを受講して早1ヶ月が経ちました。

毎日下記6つを継続して実践しております。

シーブ気功(ポンプシェイク気功)
・四股エクササイズ

・〇〇

・〇〇

・すわいしょう(バンザイ気功)

・椅子座禅

お陰さまで、未だかつてないほど元気になり、「コロナどころか死ぬまで病気しないから生命保険を解約した方がいいのでは」とさえ思うほどです。

保江先生のリアル神様動画を観て、てんしさまのサイトに辿り着いたのですが、禅フィットネスセミナーの案内を頂いたとき直感的に「私に必要なのはこれだ」と思い、受講させていただき本当に良かったと心から感謝しております。

以前と違って些細なことが気にならなくなり、昨年、取締役に迎えた友人が陰では社長である私や会社の悪口を言っていると聴かされても、心が波立たないのです()

まるで違う人格に生まれ変わったようです。

貴重なご縁をいただけましたことに、改めて深く御礼申し上げます。

(東京都 Mさん)

 

「老師直伝 気功セミナー」参加者のご感想

予想はしてましたが 衝撃的でした。

これまでに学んだ太極拳や気功のどれよりも 内容がとても濃く深く氣を体感体得できました。ありがとうございます。

長年かけて会得する氣を1日(半日で)体得って本当にスゴイ!

部屋に入った時から 感じてた氣が 実際飛ばされた時に身体を通り抜けて笑うしかない感じに。下にくずれたり飛ばされたり はじめは少しこわいかなと思ってましたが 全然痛くないし 元氣いっぱいになる感じ。

途中 中心にバン!と軸が通ったのがわかりました。

体感体得がハンパない。その動きをひとりひとりみてなおしてくださり、さらにこれからの練習に役立つ事間違いなしデス。

その後

とにかく内臓があつい→あたたかい。もしかして冷え症がなくなった⁉️

足の先まで氣のビリビリ感がハンパない。

おなか丹田にあたたかいなにかがある感じで重心が下に来て落ち着いた体感。

頭からすぅーと息が通るような感覚があり常にビリビリと共に安心感があります。

下からも地球に守られてるような…。

声も変わってきた??おなかから出てる?

あと ありのさんのオーラのかたち

はじめてみたかたちで 更に衝撃でした 笑

まだまだ身体の感覚が変わってくるのかも?⁉️

もっと細かい感想もたくさん出てきそうですし、もっと落ち着いてからゆっくりメールを とも思いましたが ヤハリとにかく はやくお伝えしたくて。

ほんとは 会ってお話ししたいくらいなのですが 笑

(大阪府在住 TAさん)